不動産鑑定
のRAS
HOME
 
会社概要
 
事業内容
 
アクセス
 
お問い合わせ
 
不動産総合評価
サービス株式会社


〒102-0083
東京都千代田区
麹町1-6-9
DIK麹町ビル5階-F

Tel.03-3265-7891
Fax.03-3265-7892
不動産総合評価サービス株式会社
 
  事業内容

  
  
不動産鑑定評価書等の作成・発行


  < 基本料金体系 >

   
鑑定評価書     40万円 〜
   
調査報告書等    20万円 〜

 
   *ご予算に応じて、柔軟にご対応させて頂きます。

こんなときに弊社がお役に立ちます。

■不動産の取引
●売買時における物件調査及び適正評価
●親族間売買等における税務申告の際の鑑定評価
●不動産の買い手及び投資家向けの情報開示資料作成

■個人資産の諸問題
●相続時における遺産分割のための資産評価
●訴訟目的の鑑定評価
●適正賃料の把握のための鑑定評価
●底地、借地権に係る鑑定評価
●所有不動産の最有効利用の検討

■金融関係
●担保不動産の評価
●不動産証券化に係る評価

■企業会計

●現物出資、会社合併、分割、清算、再建、賃貸等不動産
 の時価等の開示、CRE戦略等の手続における資産評価

 など

================================================================


 
たとえば、こんなときに不動産鑑定評価が活躍しています。


◆ 不動産を賃貸借するとき

 
事務所や店舗、マンションなどの家賃の決定には、貸手(オーナー様)も借手(テナント様)も納得のいく賃料にすることが必要です。
 また、このような家賃のほか、地代、契約更新料、名義書替料なども鑑定評価の対象です。

 
さらに、借地権、底地、借家権価格の財産価値判定の根拠としても鑑定評価がお役に立ちます。


◆ 相続などで適正な価格が必要なとき
  
 
財産評価で一番問題となるのが土地・建物など、不動産の分配です。
 鑑定評価を行えば、適正な価格が把握でき、公平な相続財産の分割をすることが
できます。



◆ 不動産を担保にするとき

 
お持ちの不動産を担保に、事業資金などを借りるとき鑑定評価書があれば、借りられる金額の予測がつくなど、ご活用いただけます。逆に担保を設定するときは、評価額がはっきりしていることが重要です。
 また、不動産を証券化する場合、不動産鑑定評価書が必要となります。


 
◆ 資産評価をするとき

 
土地・建物の評価替えをするとき、あるいは現在の資産価格を知りたいとき、鑑定評価が必要となります。不動産の価格は流動的なものだけに、常にその時々の価格や市場動向を把握しておくことが大切です。


◆ 不動産を売買・(等価)交換するとき

 
「思い通りの値がつけば手放したい」と思っているときなどは、まず、不動産の適正な価格を知っておく必要があります。
 また、不動産を買うとき、(等価)交換するときにも、鑑定評価を行っておけば、安心して取引をすすめていただけます。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


◆ 個人の方へ 

 ひとえに「鑑定評価書」といっても、一般にあまり馴染みがないものと思われますが、親族間における売買時や相続における遺産分割時、その他の事情による財産分与時など、鑑定評価が必要な場面は意外と身近に存在しており、ご存知の方々は鑑定評価書を上手に活用し、円滑・有益に物事を進められております。
 弊社では、この馴染みのない鑑定評価書を、初めてご活用いただく方にも分かり易く、また一つの『読み物』としてもご興味を持ってご覧いただけるよう心がけて作成しております。

 さらに、ご納品前に、鑑定結果や内容にご納得いただけるよう、丁寧なご説明を行うことを原則としておりますので、初めての方でもご安心してご依頼いただけるものと自負しております。
 
 弊社では、正確・的確な鑑定評価書を、ご予算も踏まえてご提供させていただくよう努めております。
 
 鑑定評価書のご依頼はもちろんのこと、不動産に関するご質問からお悩み事まで、弊社なら必ず何らかのお役に立てるものと思いますので、是非お気軽にご相談頂ければ幸いです。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◆ 法人の方へ

 
弊社では、鑑定評価のご依頼をいただくにあたって、通常のような受身型ではなく、一人ひとりが案件に対して積極型・提案型・解決型で取り組む不動産鑑定評価会社でありたいをモットーにしております。
 また、このような姿勢で業務に取り組んでおりますと、通常では判明しないような点が浮き上がるケースがあり、時には不動産の価値を大きく左右する要因を見い出すことなどにもつながります。
 
 私たちの考える本来あるべき「不動産鑑定評価会社」とは、鑑定評価書を発行するだけでなく、不動産価格のほか、その周りにある疑問点や問題点の解決も行う、すなわち『鑑定評価手法を駆使した評価サービスの提供を含む不動産の総合コンサルタント業」であり、それが弊社の社名(不動産総合評価サービス)の由来でもあります。
 
 弊社では、正確・的確な鑑定評価書を、ご予算も踏まえてご提供させていただくよう努めており、また、案件に適した不動産鑑定士や専門の担当者が円滑・スピーディーな業務を責任を持って行います。
 
 鑑定評価は勿論、不動産に係る調査サービスをご入用の際は、是非お気軽にご相談いただければ幸いです。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


◆ 弁護士の先生方へ

 
弁護士の先生に鑑定評価書を有用いただくには、経験豊富な不動産鑑定士に作成をご依頼いただくことが最も重要となります。
 弊社では、これまで数多くの訴訟関係の鑑定評価を行っており、また、実績豊富な専門の不動産鑑定士が担当いたしますので、ご安心してご依頼いただけるものと自負しております。
 
 弊社では、正確・的確な鑑定評価書を、ご依頼者様のご予算も踏まえてご提供させていただくよう努めております。
 また、事前のご相談も承っておりますが、初期段階でご依頼者様にとって明らかに鑑定意義がないと分かる案件については、不動産鑑定士としての良心に従い、率直な意見と明確なご説明を行ったうえ、ご依頼をお断りすることにより無駄な鑑定依頼とならないよう努めております。

 相続における遺産分割時や、賃料・地代の増減額請求時、明渡し交渉時の借家権価格(立退き費用)の算定のほか、企業再生時やM&A時など、鑑定評価書をご入用の際は、是非お声掛けいただきたくお願い申し上げます。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◆ 税理士の先生方へ

 
税務署へ提出される場合、経験豊富な不動産鑑定士にご依頼いただくことが最も重要となりますが、弊社では、これまで数多くの税務署提出用の鑑定評価を行っており、また、ノウハウを熟知した実績豊富な不動産鑑定士が複数所属しておりますので、ご安心してご依頼いただけるものと自負しております。

 弊社では、適正な鑑定評価書をご依頼者様のご予算も踏まえてご提供させていただくよう努めております。
 また、事前のご相談も承っておりますが、初期段階でご依頼者様にとって明らかに鑑定意義がないと分かる案件については、不動産鑑定士としての良心に従い、率直な意見と明確なご説明を行ったうえ、ご依頼をお断りすることにより無駄な鑑定依頼とならないよう努めております。

 関係当事者間における売買や相続における遺産分割時、事業承継時などにおける鑑定評価のほか、広大地や不整形地、底地(貸地)や借地権など、適正価格の把握が困難な不動産などの鑑定評価をご入用の際は、是非お声掛けいただきたくお願い申し上げます。


HOME  |  会社概要  | 業務内容 |  アクセス
Copyright © 2009 Real Estate Total Appraisal Service All Rights Reserved.